EGF美容液・EGF化粧品・EGF製造メーカーの株式会社パース PARS EGF エクストラエッセンス

治験実施概要

EGFエクストラエッセンスの美肌効果を医学的見地から検証。
治験結果による、商品の機能性を再確認し、各種プロモーション、PR活動に活用。

治験概要

皮膚科医協力のもと、本製品と、競合製品を一定期間、同条件で使用。定 期的に診断を行い、成分の効能、使用感を検査。

治験項目

スキンチェッカーによる数値測定

メラニン値
弾力地
・視診による治験事前事後判断
・被験者アンケート

治験スケジュール

7月20日(木)
説明会・治験前の診察(スキンチェック)
7月27日(木)
第1回診察
8月3日(木)
第2回診察
8月10日(木)
第3回診察
8月17日(木)
第4回診察
診断レポート作成

被験者リスト

20歳代から70歳代までの女性。

被験者A
25歳
被験者E
41歳
被験者B
26歳
被験者F
52歳
被験者C
27歳
被験者G
68歳
被験者D
29歳
被験者H
73歳

治験実施概要

使用した美容液

被験者A
25歳
被験者E
被験者B
26歳
被験者F
被験者C
27歳
被験者G
被験者D
29歳
被験者H

塗布の方法

  • 塗布は、毎朝・晩の洗顔後に行い、治験中の4週間継続して行う。
  • 洗顔後、A液、B液をそれぞれガーゼに浸す。
  • A液をつけたガーゼを目もとに、B液をつけたガーゼを左目もとに当てる。
  • 3分間あてた後は、引き続き通常のお手入れを行う。

※塗布以外のお手入れ、メイクはいつも通り行ってもかまいません。

治験実施

被験者8名の肌の変化を、1ヶ月にわたり、MPA肌測定メーターで観察した。
右頬部にサンプルA、左頬部にサンプルBをコットンに適量含ませて、毎晩3分
間塗布した。各人実験前の左右肌の状態をそれぞれ100とし、その変化をあらわした。

治験結果

メラニン値 4W推移

右メラニン値
左メラニン値
pre
100
100
1w
99.3
99.4
2w
100.6
99.5
3w
98.8
100.5
4w
90.6
100.2

メラニン値

弾力性 4W推移

右メラニン値
左メラニン値
pre
100
100
1w
99.8
100.2
2w
102.3
101.2
3w
104.2
100.8
4w
108.3
100.4

弾力性

治験を行ったクリニック紹介

伊藤嘉恭


代官山皮膚科形成外科
伊藤嘉恭


昭和59年3月 札幌医科大学卒
平成4年4月 防衛医科大学校病院救急部講師
医学博士号取得
平成6年10月 防衛医科大学校皮膚科講師
(平成7年3月~平成8年9月 パリ・サンルイ病院美容整形外科外国人講師)
平成12年7月 尋常性に対する光線力学療法の開発
(2000年5月21日読売新聞)を契機に、代官山皮膚科形成外科を開業。現在院長および防衛医科大学校病院皮膚科非常勤講師
平成13年7月 東芝医療用品と、イオン導入器アクアパフを開発。
平成15年12月 日本文化振興会社会文化功労賞受賞
平成16年7月 新規発毛剤の発明、特許出願 (2005年5月29日 日本経済新聞)

学会:日本皮膚科学会、日本形成外科学会、国際形成外科学会、日本美容皮膚科学会、他

日本形成外科学会認定専門医
特許:光線力学療法、イオン導入器、発毛剤